SHIINBLOG

みんな大福 blog

大福は好きですか?私は好き。日々の考えていることを書いていきます。

映画「沈黙」

映画「沈黙」を鑑賞した。

 

遠藤周作が原作である。

私は原作を読んでいなくていつか読んで見たいと思っていたところに映画で出たのでちょうど良かった。

 

重い話だろうから見るの疲れるかなーと思っていたのだけれど、結構すぐ時間が経ってしまった。

 

舞台は江戸時代で長崎周辺の物語。

キリシタンが弾圧された歴史のある場所での物語だ。

主題は「なぜ人々が苦しんでいるのに神は沈黙したままなのか?」ということだ。

昔授業で習った踏み絵というものがある。

キリストの絵を踏まなければ拷問を受けるし、もしくは死ぬことこもある。

現在の私の感覚から見ると、「踏んじゃえばいいじゃん。物神崇拝禁止じゃなかったっけ?相手が嫌がらせしてくるんだからここは振りでもいんだからさあ」と思ってしまうけれど、キリシタンにとっては踏むことは冒涜にあたり、命をかけるほどのものなのだ。

キリスト教を日本という異国の地で広めろうとした時、どのようなことが起きたのかがわかる。

・信仰とは何か?

・バックグラウンドが違う場所で宗教はどのような効果を起こすのか?

とか気になったことがある人にはオススメ。

後、役者もいい演技してるからそこも注目して見るといいかも。