SHIINBLOG

みんな大福 blog

私が興味あることを好きに書いています。一緒に楽しいことや役立つことをシェアしましょう。

こたつさん

 こたつさん。

こたつさんは私を温めてくれる。

私が寒い日に外から家へ帰ってきてすることは、部屋でこたつさんの電源をオンにすること。

電源をオンにしながら食事の準備をしたりシャワーを浴びたりする。

その後こたつさんへ入る。

もうこたつさんは温かい。

こたつさんの中で束の間の極楽を堪能する。 

こたつさん。

いつもありがとう。

 

2018年がスタートした。1日の始まりである朝すると良いこと。

 

f:id:minnadaihuku:20180106095939j:plain

お正月は実家に帰るなどしてお正月ムードが抜けていない人も多いだろう。

お正月に家族や友人と話して夜更かしをして食べすぎたり、飲みすぎたりする人も多い気がする。

また去年体調管理がうまくいかなく無駄なストレスをためてしまった人もいるだろう。

新年のスタートから体調を崩しては、この先が思いやられる。

そこで新年に向けて体調を一新するために心がけると良いことを書いておく。

特にだ!

朝は1日の始まりである。始まりがよければその流れに乗って1日もうまくいく方向へスタートする。

朝起きてすること 基本の三つ

1,光を浴びる

光を浴びることで、メラトニン(睡眠ホルモン)を和らげセロトニン神経伝達物質、通称幸せホルモン)を分泌する。

セロトニンは寝起きや精神安定にも関わっている。

できる限り太陽の光を浴びる。太陽の光が浴びられない場合は部屋の電気をつける。

 

2,水を飲む

体内の器官が水を飲むことで目覚める。

3,体を動かす

できれば軽くでも良いので体操やストレッチが良い。ただ、毎日はきついという人はスマホで良い。スマホを見て指を動かそう。指を動かしたり、スマホ画面を見てる間に目が覚めてくるはずだ。

番外編

理由は書かないけど以下のものをすると目がさめる。

・音楽をかけたり、テレビをみる。

・ガムを噛む。

・勉強する。 

・耳を引っ張る。

 

こんな感じだ!

一年のスタートを気持ちよく始めよう。

 

新年を迎えたので抱負でも

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

(誰に向かって言ってるのかわからないけど、なんとなく)

 

新年になったので今年の抱負について人前で言えるものを記しておく。

 1、健康に暮らす

  • 食べ過ぎない。(特に炭水化物。)
  • 飲みすぎない。
  • ちゃんと寝る。
  • 筋トレ、ストレッチをする。
  • いつも呼吸を意識する。深く。

2、時間を大切にする

  • 無駄な悩み等に時間を割かない。
  • 電子機器で効率化できるものは効率化する。
  • リラックスするために必要な時間と無駄な時間を分ける。
  • 大切だと思える人やものと一緒にいれる時間をつくる。
  • 過去に時間を割かない。未来のために現在に集中する。未来に繋がるか見極める。

3、学んでいく

  • 興味を持ったものはとりあえず手を出してみる。
  • 資産運用について行動する。投資する。
  • 英語の学習を継続する。いつも英語にふれる環境にする。特にボキャブラリーを強くする。文法書を時々見返すようにする。
  • 仕事で使う能力と自分の趣味で興味あるものを繋げる。
  • 積読をへらす。溜まった本をなくす。読んだらなるべく記録する。

こんな感じかなー。

一年後見返したときにどう思うだろうか。笑

 

おめめの疲れに

 

f:id:minnadaihuku:20171010194725j:image

おめめのつかれに

現代人はPCを利用する機会が多いので、いつの間にか目を酷使している。

きっと目が疲れてる人が多い。目の疲れにはブルーベリーがおすすめだ。

アントシアニン効果が怪しまれてるけど、私は実体験として効果あると思う。

ちょっとしたおやつとしてもうまいし。

さあ、一緒にたべよ~。

 

ちゃんちゃん。

限りなく透明に近いグミー/もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら

限りなく透明に近いグミー

f:id:minnadaihuku:20171009201318j:image

 

「限りなく透明に近いグミーだ。僕は立ち上がり、自分のアパートに向かって歩きながら、このグミみたいになりたいと思った。そして自分でこのなだらかな白い起伏を映してみたいと思った。僕自身に映った優しい起伏を他の人々にも見せたいと思った」

 

 

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら

 

結構話題になっているみたいだ。

タイトルにあるように「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」をテーマに書かれている。

それぞれの書き手は文体を持っていて、その文章を見るとその人だと分かる。

その文体を真似してカップ焼きそばの作り方に関して書かれた文章が記載してある。

自分が読んだことがある作家の場合は思わず笑ってしまうと思う。

「そうそう〜そんなかんじだよね〜」ってなる。

私は本屋で立ち読みしていたら思わず笑ってしまったので、そのまま買っちゃった。

 

息抜きとかにいいと思う。

 

 

 

映画「沈黙」

映画「沈黙」を鑑賞した。

 

遠藤周作が原作である。

私は原作を読んでいなくていつか読んで見たいと思っていたところに映画で出たのでちょうど良かった。

 

重い話だろうから見るの疲れるかなーと思っていたのだけれど、結構すぐ時間が経ってしまった。

 

舞台は江戸時代で長崎周辺の物語。

キリシタンが弾圧された歴史のある場所での物語だ。

主題は「なぜ人々が苦しんでいるのに神は沈黙したままなのか?」ということだ。

昔授業で習った踏み絵というものがある。

キリストの絵を踏まなければ拷問を受けるし、もしくは死ぬことこもある。

現在の私の感覚から見ると、「踏んじゃえばいいじゃん。物神崇拝禁止じゃなかったっけ?相手が嫌がらせしてくるんだからここは振りでもいんだからさあ」と思ってしまうけれど、キリシタンにとっては踏むことは冒涜にあたり、命をかけるほどのものなのだ。

キリスト教を日本という異国の地で広めろうとした時、どのようなことが起きたのかがわかる。

・信仰とは何か?

・バックグラウンドが違う場所で宗教はどのような効果を起こすのか?

とか気になったことがある人にはオススメ。

後、役者もいい演技してるからそこも注目して見るといいかも。

 

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊

ゴースト・イン・ザ・シェル/攻殻機動隊の実写版映画をみた。

攻殻機動隊のアニメは素晴らしかった。

では実写はどうだろうか?

結論から言うと良かった。

見る前はアニメが良かったから、実写では表現できないのではないかと思っていた。

スカーレットヨハンソンが草薙素子を演じている。

これが結構良いのだ。

新しい草薙素子として描けている。

ストーリーの骨子は変わってないが、新しい作品として受け入れることができる。

これだけの時間でよくまとめてある。

まだ見ていない人にはおすすめかな。

 

例えば最近AIが評判だけれど、そういうのに興味ある人にはいいんじゃないかな。

私がなんとなく映画を見て考えたのは以下のこと。

・記憶はデータ化して転送可能に成るのか?

・AIが自分のアイデンテティーについて考えたらどうなる?

・自分が過去と思っている記憶が誰かから植え付けられたものなのではないか?

・人間がAIを道具としてしか扱わないときに、人間と同じように振舞うことができるAI

が出てきたら人間が人間たる理由はどうなるの?とか

 

 

ちょっと気になったところは、このような映画にありがちな、オリエンタリズムだ。

背景に看板の変な漢字とか絵がある。

海外の人は日本に対してこんな幻想を抱いているのだなあーと。笑

北野武桃井かおりもいい味出してる。

 

アニメは文句なく素晴らしいからおすすめ。

音楽もかっこいい。

 

 ちなみに漫画を読んだことがある人はあまりいないかもしれないけど、これすごいよ。笑

コマ割の空いてる空間に文字がびっしり書き込まれている。

読むのがめっちゃ大変。笑

 

攻殻機動隊 (1)    KCデラックス

攻殻機動隊 (1) KCデラックス

 

 

久しぶりに記事書いてみた。

とりあえず、「コーヒーが飲みたい」私のゴーストが囁く。

おわり。